ミサイル発射!Jアラートが鳴ったらどうすればいいの?

スポンサーリンク

f:id:shikamori_p:20170830014225p:plain

 

ごきげんようバビです。

 

8月29日早朝、突然スマホから警報音が鳴り響きました。

ミサイルが飛んでくる?!

着弾までの時間はたった数分。

何?どうすればいいの?

どこに逃げればいいの?

 

結果、頭の上を飛び越えて太平洋沖へ着弾したそうですが、Jアラートが鳴った方はかなり慌てたんじゃないかと思います。

日本のミサイル防衛システムは優秀ではありますが、万が一イージスが防衛に失敗した場合、PAC-3ではすべての地域をカバーできません。

いざというときのためにJアラートが鳴ったら何をすればいいのか、確認しておきましょう。

 

 

そもそもJアラートって何?

全国瞬時警報システム」と呼ばれる、通信衛星と市町村の防災行政無線や有線放送電話を利用し、緊急情報を住民へ瞬時に伝達する日本のシステムのことです。
弾道ミサイルだけでなく、対処に時間的余裕がない大規模な自然災害(地震津波、火山etc...)についての情報を住民に直接瞬時に伝達することを目的としています。

 

私のスマホは鳴らなかった!

基本的には対象地域外の人にはスマホ・携帯へ通知がいきません。

また、弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性又は領土・領海を通過する可能性がないと判断した場合は、Jアラートは使用されません。

 

f:id:shikamori_p:20170830021314j:plain

スマホ等以外では、市町村の防災行政無線(屋外のスピーカー)、緊急告知FMラジオ、有線放送電話、メール等で配信されます。

また、スマホのキャリアや機種、設定によっては鳴らないこともあります。

基本的にはdocomoauSoftBankiPhoneAndroidスマホであれば、最初からJアラートに対応したエリアメール(docomo)・緊急速報メール(auSoftBank)が入っているので、改めて専用アプリをインストールする必要はありません。

(というか専用アプリ自体がありません。)

 

↓Jアラート警報音のサンプルはこちらです。周りに人がいないご自宅で再生してみてください。

【弾道ミサイル攻撃】 J-ALERT警報音 デモ - YouTube

 

スマホでのJアラートの受け取り方については、こちらのサイト様が詳しいです。

did2memo.net

 

Jアラート受け取りから着弾までの時間はどのくらい?

仮に発射したのが北朝鮮だった場合、発射から日本への着弾までの時間は長くてもおよそ10分とされています。

情報の伝達は以下のとおり行われます。

ミサイル発射後、レーダーでそれを捕捉、航空自衛隊またはアメリカから内閣官房へその情報を伝達

   ↓

内閣官房は覚知した緊急事態について、消防庁に情報を伝達

   ↓

消防庁通信衛星を経由し、緊急情報を全国の地方公共団体へ配信

   ↓

消防庁からの緊急情報を地方公共団体が受信。市町村において防災行政無線や有線放送電話、緊急告知FMラジオが自動起動され、サイレン吹鳴や音声放送等により情報が住民へ伝達される。

 

これだけ経由するので、Jアラートを受けたときには着弾まで残り5分もないと考えていいと思います。

 

どこに逃げればいいのか、何をすればいいのか

冒頭に画像で張り付けた内閣官房 国民保護ポータルサイトのパンフレットには以下のとおり書かれています。

●屋外にいる場合:できる限り頑丈な建物や地下に避難する。(地下:地下街や地下駅舎などの地下施設)
●建物がない場合:物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。
●屋内にいる場合:窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。

ミサイルが着弾すると、まず、凄まじい衝撃波と爆風が起こります。

衝撃波と爆風は、それそのものよりも、それによって吹き飛ばされたガラスなどの破片の方が危険です。

これらから身を守るためには、崩落の危険性はありますが地下に逃げるのが最良です。 

地下でなければ壁等が吹き飛ばないような頑丈な建物の中、それも難しければガラスの飛んでこない場所で地面に伏せてカバンなどで頭を守ることが重要です。

 

着弾した後はどうする?

万が一着弾した場合はパンフレットにこうあります。

●屋外にいる場合:口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ密閉性の高い屋内または風上へ避難する。

●屋内にいる場合:換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。

これは弾頭にBC(バイオ、化学)兵器が入っていることを想定していると思われます。

ウイルスや毒ガスを吸引しないため、政府からの指示があるまでは上記のとおり行動しましょう。 

 

まとめと今できること

とにかくJアラートの警告音が鳴ったら、地下または頑丈な建物の窓ガラスから遠いところへ避難するか、なければ身を伏せて頭を守りましょう。

それから今できることは、地震等の災害のときと同じく食糧と水の備蓄、それから防災リュック等の準備です。

いつ飛来するか分からないミサイル。

いざというとき慌てないために日ごろから備えておきましょう。

 

www.shikamori-p.com

 

スポンサーリンク