十五夜だけだと縁起が悪い?お月見

スポンサーリンク

f:id:shikamori_p:20170912120332j:plain

ごきげんよう、バビです。

 

夏休みも終わって、少しずつ涼しくなっていくと、ハロウィン前に忘れてはいけない日本の伝統行事、お月見があります。

十五夜」とか「中秋の名月」とか言いますけど、どういうときに使うんでしょうか。

調べてみました。

 

 

十五夜中秋の名月

正しくは八月十五夜といい、旧暦の8月15日の夜のことです。

昔は秋を旧暦で7月(初秋)、8月(仲秋)、9月(晩秋)の3つに分けていて、そのちょうど真ん中に当たるのが8月15日だったので、この日の月を「中秋の名月」と呼びました。

2017年の十五夜は10月4日です。

月の満ち欠けで暦を決めていた旧暦(太陰暦)では、太陽によって暦を決める今の新暦太陽暦)の基準だとずれが生じるため、十五夜は毎年変わってきます。

また、十五夜は満月というイメージもありますが、これも必ずしも満月になるわけではありません。

むしろ異なる場合の方が多く、その差は最大で2日あります。

 

十五夜だけでは縁起が悪い?

日本全体の風習ではなく、一部地域だけのようなのですが、お月見は、八月十五夜だけでなく、九月十三夜も同じ場所で月を見ないと「片見月」といって、縁起が悪いと言われています。

9月13日の夜は、十五夜についで美しい月とされています。

十五夜は中国から伝わったものですが、十三夜は日本固有の風習で、秋の収穫祭の一つではないかと考えられています。

片見月については、江戸の遊里(吉原)の客寄せの一環として生まれたという説があります。

2017年の十三夜は11月1日です

 

お月見のお供え物

旧暦では、月の満ち欠けが月の節目になるため、満月には農事や祭事が行われることが多く、お月見には収穫祭的な役割もあったため、信仰対象でもある月にお供えものをするようになりました。

お月見のお供え物といえば月見団子とすすきですが、それだけではありませ。

十五夜は「芋名月」ともいい、この時期収穫される里芋などの芋類の収穫祭でもありました。

このため、月見が貴族社会から民衆へ世俗化した江戸時代前期の記録によれは、十五夜の日は芋煮を食べて夜遊びをするのが一般的だったそうです。

また、十三夜は大豆(枝豆)栗の収穫時期だったので、「豆名月」「栗名月」とも呼び、豆類や栗を供えました。

すすきについては、魔除けの意味と、時期的に稲穂が実る前なので、稲穂に似たたススキを供えたのではないかと言われています。

 

お月見の楽しみ方

お月見は平安時代に中国から日本へ渡ってきました。

貴族を中心にで観月の宴や、舟遊び(直接月を見るのではなく船などに乗り、水面に揺れる月を楽しむ)が行われ、歌を詠みんだり酒を飲むなどして過ごしました。

現在では、月が見える場所に先述の月見団子やすすき、里芋、豆類、栗を飾って、御酒を供えて、それらを食べながら月を見て楽しむのが一般的です。

このほかにも、昭和以降には、「お月見泥棒」といって、十五夜に子供たちが飾られているお月見のお供え物を、この日に限って盗んでいいとする風習もありました。

特に厳密なルールがあるわけではないので、月を見ながら自分なりに楽しめばいいのかなと思います。