「保毛尾田保毛男」復活に対するセクシャルマイノリティからの批判が別のマイノリティを傷つけているのではないか

f:id:shikamori_p:20170929131040j:plain

ごきげんよう、バビです。

昨日「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」にて、懐かしのキャラクター「保毛尾田保毛男」が登場しました。

で、こんなご時世ですので、当然セクシャルマイノリティの方や、セクシャルマイノリティに理解のある方から批判が上がっているわけなのですが、あれを見て面白い、懐かしいと思っている人にまで批判が上がっていることに疑問を感じました。

 

そもそも保毛尾田保毛男というキャラクタによるコントは、ホモ(ゲイ)であることを馬鹿にしたり気持ち悪がったりしてそれを笑うコントではなく、ホモであることがバレバレであるにも関わらず、それを真っ向から否定しているのに、結局自身の性的衝動に抗えず、ホモであることが露呈しそうな行動をとってしまうところに面白さがあるのだったと記憶しています。

そこにはホモを笑い者にしてやろうという考えはありません。

「隠しているのに隠しきれていない」ところに面白さがあるので、それは別にホモでなくても、例えばカツラであっても、マニアックなフェティシズムであってもよかったのだと思います。

もちろん、このコントをきっかけにして、これを見た子どもが「ホモ気持ち悪い」と言って、からかいやいじめに発展することもあるでしょうし、そうした言葉を耳にして苦しみ悩んだセクシャルマイノリティの方もいらっしゃることでしょう。

その点は社会が多様性を許容できる現在ほど高度化していなかったので、配慮不足であったとは思います。

 

当然こうした方々への配慮は忘れてはならないと思いますし、あえて今保毛尾田保毛男をやる必要はなかったとは思います。

必要のない批判を受けることになったのですから、当然この点はフジテレビもとんねるずも反省すべきところだと思います。

(昔から絶対やっちゃいけないだろうと思うようなことをやるのが「とんねるず」なので、もしかするとこれもあえてなのかもしれませんが。)

 

スポンサーリンク
 

 

ここで私が疑問に思うのは、「マイノリティはどこま配慮されるべきなのか」ということです。

 

セクシャルマイノリティは個性として尊重されるべきものとして一般的なものになってきています。

ですが、性的指向にマイノリティがあるように、「セクシャルマイノリティにいいようのない嫌悪感を抱く感性を持っている」というマイノリティも存在するのではないか、と思ったのです。

無自覚に、何も考えずに気持ち悪いと言っているわけではありません。

彼(彼女)はそのことについて口に出すことはなく、ただ、差別的な感性を持っている自分自身を責め、思い悩みます。

自分とは違う感性をもったLGBTに対して、どうしようもない生理的嫌悪感を感じているからです。

自分はなぜそんな感性を持って生まれてきたのだろうか、自分は「悪」なのだろうか、と。

そんな人たちが保毛尾田保毛男を面白がることは「悪」であるというような論調を見たらどのように思うのでしょうか。

彼が生まれ持った感性は強制されるべきなのでしょうか?

こうしたマイノリティは無視されていいのでしょうか?

 

マイノリティが、自分たちを迫害し、傷付けるマジョリティを声を大にして批判できることは喜ばしいことではありますが、その結果、別のマイノリティが傷付けられることがあってはならないと思います。

 

また、知人や家族にLGBTがいて、セクシャルマイノリティに対して差別的な考えも持っていないが、久しぶりに保毛尾田保毛男を観て懐かしいと思ったし、面白いと思ったという人もいるでしょう。

その感性が批判されるいわれはありませんし、この人も非難されるべきではないと思います。

 

私たちの社会はマイノリティをどこまで受け入れるべきなのか、という問題はとても難しいように思います。

他者を傷付けるサイコパスの攻撃的衝動は当然の如く認められないとは思いますが、「他者を傷付けない範囲」までマイノリティを認めるとすると、例えば意図せず他者を傷付けるアスペルガーの権利が阻害されることになります。

であるならば、マイノリティというものは許容できる人だけが許容すればいいのであって、どうしても許容することができない人は、相手を傷付けない範囲においては許容する必要はないと思います。

どう思うかは自由、ということです。

そこだけはすべての人に認められていい、と私は思います。