盲腸って何なん?とっていいもの?(盲腸とか虫垂とか虫垂炎の予防とかの話)

f:id:shikamori_p:20171006163353p:plain

 

ごきげんよう、バビです。

昨日うさぎの盲腸のことを調べていて気になったんですけど、人間の盲腸って、お腹がめっちゃ痛くなる、いわゆる「盲腸」になったときに取っちゃったりするじゃないですか。

しかもいらないから取っても大丈夫とかっていうんですけど、じゃあ最初からいらなくね?

RADWIMPSのオーダーメイドみたく最初から外しておきたいんですけど。

何?恋人と盲腸の位置を確認し合うの?

「右下が僕ので左下が君の」的な?

というわけで、盲腸って何なん?

 

 

盲腸って何?とって大丈夫なん?

盲腸は、小腸と大腸をつなぐ、大腸の最初にある袋状の部分で、大腸の一部です。

成人で長さ5〜6cmで、お腹の右下にあります。

f:id:shikamori_p:20171006164541p:plain
出典:盲腸 - Wikipedia

上の図の「Cecum」が盲腸です。

肉食動物や肉を食べる人間では極端に短くなっていますが、草食動物ではかなり長いです。

ウサギの場合は極端で、胃袋より大きいほどです。

 

小腸と大腸をつないでいるので当然ですけどよほどのことがない限りとれません

いやいや「盲腸」のときとってるじゃん?と思いますが、「盲腸」というのは正確には「虫垂炎」という病気で、とっているのは盲腸ではなくて、盲腸の端から細長く飛び出している虫垂という部分なんです。

図でいうと「Appendix」となっているやつです。

確かに見た目いらなそうです。

虫垂炎も悪化すると死に至ることもあるので、退化して役に立たなくなったと思われている虫垂は、むしろ積極的に切除されていました。

しかし、この虫垂は思った以上に大事なことが最近の研究で分かってきました。

 

虫垂って何?とって大丈夫なん?

虫垂は扁桃と同じく発達したリンパ組織を持っています。

腸内の免疫機能を維持する上で重要な「免疫グロブリンA(IgA)」という抗体を作り出す免疫細胞を生み出して、大腸へ送っていることが細菌の研究で分かりました。

人間の腸内には100兆個以上の腸内細菌が住んでいて、バランスを取りながらそれぞれの役割を果たしています。

しかし、外からウイルスや細菌が腸内へ侵入することなどによって、ときどきそのバランスが崩れてしまうことがあります。

虫垂のリンパ組織は、バランスを崩そうとしている細菌(悪玉菌)を察知して、IgAを使って攻撃を行い、腸内の免疫機能を維持しているのです。

要するに虫垂が腸内の免疫機能をコントロールしてるんです。

影のフィクサーみたいなやつです。

 

また、それと同時に虫垂は善玉菌の育成と保管を行う工場のような役割があります。

ウイルス感染などによって腸内の善玉菌が死滅したとき、虫垂内の善玉菌が腸内に広がり腸内環境を再生することも分かっています。

 

ただ、IgA自体は小腸などの他の場所でも作られますし、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌も食事等で摂取可能なので、虫垂がなくてもすぐに甚大な悪影響があるわけではありません。

長期的に見るとあったほが良さそうだということです。

 

また、2015年に発表された研究で、虫垂炎で手術をして虫垂を切除した人と、手術をしていない人を調べたところ、手術をした人はその後1年半~3年半の間、2.1倍ほど大腸がんになりやすいという結果が示されました。

f:id:shikamori_p:20171006212450p:plain

怖っ!

3年半以降は取った人も取ってない人も変わらないそうですが、もし切除することになったら注意が必要です。

 

虫垂炎(盲腸)ってどういう病気?切除以外の治療法はある?

虫垂炎とは

虫垂炎とは、虫垂が何らかの原因で炎症を起こしている状態のことです。

主な原因としては、何らかの要因で虫垂内部で細菌が増殖して感染を起こしていることがあげられます。

(その他、ストレスや生活習慣の乱れで発症することもあります。http://www.skincare-univ.com/article/013144/

炎症が進行すると虫垂は壊死を起こして穴が開き、膿が腹腔内へ流れ出して腹膜炎を起こすことがあります。

重症化すると死に至ることもある、案外怖い病気です。

虫垂炎は昔、盲腸炎と呼ばれていた時期がありました。

これは昔、診断が遅れて手術をした時には虫垂が化膿や壊死を起こして盲腸に張り付いていて、盲腸の疾患のように見えることがあったためです。

だから今でも「盲腸」なんて言われてるんですね。

治療法

①「手術で虫垂を切除する」か②「薬で炎症を抑える」かのどちらかで治療します。

症状によっては有無をいわさず切除しかないこともありますが、最近はどちらにするか聞かれることが多いようです。
切らずになんとか穏便に済ませたいところですが、薬での治療の場合は、虫垂を切らずに保存することができますが、その後、10~35%くらいの人は虫垂炎が再発してしまうことがわかっています。

そしたら予防するしかないですね。  

スポンサーリンク

乳酸菌もビオフェルミンも入ってるからおすすめです。

 

虫垂炎(盲腸)の予防法は?

意外なことに予防法もあります。

虫垂炎の最大の原因は、糞便などの異物が虫垂をふさいでしまうことによって細菌やウイルスに感染しやすくなることだと考えられています。

ある調査では、食物繊維を多くとっている人は、そうでない人より虫垂炎になりにくいという結果が出ています。

また、ストレスや生活習慣の乱れも虫垂炎の原因のひとつです。

なので、食物繊維の豊富な野菜などをきちんと食べること、それから規則正しい生活をして腸内環境を整えることが重要です。

更に乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌も積極的に摂取して腸内環境を整えれば、虫垂炎の予防になりそうです。

 

私は普段からビオフェルミン飲んでます。

腸内環境がいいと肌にもいいらしいですよ。