腸内フローラって何なん?なんか健康とか美容とかダイエットとかにも関係あるらしい

f:id:shikamori_p:20171007222646j:plain

 

ごきげんよう、バビです。

先日の盲腸の話からすっかり腸内に夢中の私です。

しかも今日の夕食はモツ焼きでした。

昨日盲腸やら虫垂について調べていたらやたら出てきた「腸内フローラ」。

なんだか芸人の名前みたいですけど、ダイエットとか美肌関連で最近よく耳にします。

一体何なのか調べてみました。

 

 

腸内フローラって何なん?

「フローラ(flora)」は英語で花畑のことです。

直訳すると「腸内の花畑」。

f:id:shikamori_p:20171007231755p:plain

いや、意味わからんですね。

 

腸内の「花」は、腸内細菌のことです。

 

私たち人間の腸内には約3万種類、100~1000兆個もの腸内細菌が住んでいます。

人間の細胞の数が約60兆個なのでとんでもない数です。

重さにして1.5~2kgもあります。

私たちは人間というかむしろもう腸内細菌です。

特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成して、腸の壁面に住んでいます。

グループごとに100円で家賃を取ったら大儲けです。

顕微鏡で腸内を覗いたとき、細菌類が作る集落が色鮮やかで形がとてもきれいな様子が花畑に似ていることから、「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

細菌=花で例えるセンスがヤバくないですか?

誰がつけたん?

しかし、何で「フローラ」だけ英語にするんだろ。

日本では「腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう」と言うそうです。

定着しなさそうなので「腸内フローラ」になったんでしょうか。

 

腸内フローラがどうしたん?

簡単に言うと、腸内フローラのバランスが健康と美容に大きな影響を与えているということです。

腸内フローラがのバランスが崩れると、病気になりやすくなったり、太ったり、肌が荒れたり、太ったり太ったりするんだそうです。

ふ、ふざけんな!

ちょっと驚きの例があったので抜粋します。

「腸内フローラと体型」のエピソードを紹介しますと、これはアメリカでの事例ですが、太った娘の腸内フローラを(病気の治療のために)移植された母親が、その後一気に太ってしまった……なんて事例もあります。
また、腸内フローラで性格が変わるかもしれないことも示唆されています。これはマウス実験ですが、活発なマウスの腸内細菌を移植したら、移植されたマウスの行動も活発になった(性格が変わった!!)なんて話があります。動物実験ではありますが、ゆくゆくは人間への影響も明らかになるでしょう。メンタルへの影響ということでは、鬱(うつ)の人の腸内フローラは、元気な人と比べるとビフィズス菌や乳酸菌が少ないことがわかっています。
長寿の人の腸内フローラを調べてみるとある菌が多く、そして、腸内フローラの多様性も豊富だった……なんて話もあるんです。

出典:https://unlog.me/topics/gut-flora

f:id:shikamori_p:20171006212450p:plain

マジか?!

腸内細菌様とお呼びしなくては。

 

腸内細菌様の種類・役割とバランス 

ここで腸内細菌様の種類・役割とその理想的なバランスを確認しておきましょう。

善玉菌

悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促したりして人間の体に有用な働きをする菌です。

代表的なのはまとめて「乳酸菌」と呼ばれているビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌といった菌です。

ビフィズス菌て乳酸菌の一つだったんですね。

悪玉菌

腸内の中を腐らせたり有毒物質を作る菌です。

悪玉菌が増えると、便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることもあります。

ウェルシュ菌、病原性大腸菌ブドウ球菌などがあります。

日和見

腸内の善玉菌・悪玉菌の「優勢な方」に同調して作用します。

とんだコウモリ野郎です。

大腸菌(病原性じゃない)、バクテロイデスなどがあります。

腸内細菌様の5つの働き
  1. 病原体が体に侵入したとき、それを排除するよう働く。
  2. 人間には消化ができない「食物繊維」を消化する。
  3. 免疫力のおよそ70%を腸粘膜細胞との共同作業で作っている
  4. ビタミンB群、葉酸、ビタミンKなどのビタミン類を作る。
  5. 幸せ物質であるドーパミンセロトニンを合成し、その前の段階の物質を脳にる。

腸内フローラのバランスが、脳や心臓、はては関節といった体のすべてに影響を与えていることになります。

理想的なバランス

人によってお腹の中におわす腸内細菌様の種類は違うのですが、腸内フローラの理想的な状態とされるのは、善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割です。

 

腸内フローラのバランスが崩れる原因は?

バランスが崩れる=悪玉菌優勢ということです。

腸内細菌が減少し、腸内フローラのバランスが崩れることによって、起こる病気はたくさんあります。たとえば免疫力が低下し、アトピーやぜん息、花粉症などのアレルギー性疾患が起こってきます。また、がんの発生を促します。最近、増えてきた潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患も発生しやすくなります。

ドーパミンセロトニンなどの「幸せ物質」を脳に送れなくなり、うつ病をはじめとするいろいろな心の病気も起こってきます。そればかりでなく、肥満や糖尿病、認知症自閉症まで、「腸内フローラ」の乱れが関係していることが最近の研究でわかっています。

 出典:寿命まで左右する!驚異の「腸内フローラ」 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内腐敗が進み人の健康に有害な物質が増えます。

加齢や食習慣の乱れ、ストレス、薬の服用などの要因で腸内フローラのバランスは崩れてしまいます。

加えて日本人の腸内細菌様はその数自体がが減っているんだそうです。

 

では、腸フローラのバランスはどうやったら整えられるのでしょうか?  

 

長くなりそうなので、今回はここまで。

次回は「腸内フローラを整えるにはどうすればいいか」まとめたいと思います。