腸内フローラのバランスを整える「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」という謎の呪文

f:id:shikamori_p:20171008211842j:plain

 

ごきげんよう、バビです。

前回「腸内フローラ」という若手芸人の名前みたいな言葉の意味が分かって、そのバランスを整えると痩せるし、美容と健康にも良いってことはわかりました。

で、今回は腸内フローラのバランスを整えるにはどうしたらいいのか、というところを調べてまとめました。

そしたらまたわけのわからん呪文が出てきました。

 

 

「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」

「プロバイオティクス」が無属性単体魔法で、「プレバイオティクス」がその全体魔法です。

嘘です。

f:id:shikamori_p:20171008213200p:plain

プロバイオティクス」は「菌自体」をとることです。

ヨーグルトを食べて乳酸菌とかビフィズス菌とかをとることですね。

プレバイオティクス」は、「菌のエサ」をとって、善玉菌を増やすことです。

海藻、果物、野菜なんかを食べることです。

 

腸内細菌を食す(プロバイオティクス)

腸内細菌というか善玉菌を直接とって増やします。

善玉菌の代表は何と言っても「乳酸菌」と「ビフィズス菌」です。

乳酸菌は、炭水化物などの糖を消費して乳酸をつくる細菌の総称です。

実はビフィズス菌も乳酸菌の一種です。

乳酸菌が多く含まれる食品の代表はヨーグルトですが、最近流行りの発酵食品でも乳酸菌が摂取できます。

味噌、ぬか漬け、キムチなどがそうです。

ただ、食事だけで摂取するのはなかなか難しいのでサプリで補うのが効果的です。

うちではビオフェルミンを飲んでます。

肌が荒れてるなと思ったときとかに飲むと、すぐ治るので、効果はあるんだと思います。

 

ただ、プロバイオティクスでは、善玉菌の量を直接増やせるというメリットがある一方で、摂取した善玉菌は定着することが難しく、効果が一時的であるというデメリットも存在します。

ですので、これと同時に善玉菌にエサを与えて育てることも必要になってきます。

 

腸内細菌にエサをやる(プレバイオティクス) 

いや、腸内細菌のエサって何?

ざっくりいうと食物繊維です。

食物繊維にも2つ種類があって、ひとつは水に溶ける食物繊維の「水溶性食物繊維」で、もうひとつは水に溶けない「不溶性食物繊維」です。

このうち腸内の善玉菌のエサになるのが「水溶性食物繊維」です。

なので、これが多く含まれる以下のような食品を食べることが大事です。

  • ごぼう
  • 大麦
  • アボカド
  • エシャロット
  • 海藻類
  • 納豆
  • きなこ

ちなみに「不溶性食物繊維」はそのまま腸内を通って排出されますが、そのとき、悪玉菌が作り出した有害物質をからめとって一緒に排出するので、「不溶性食物繊維」の摂取も大事です。

特にごぼうは水溶性、不溶性どちらの食物繊維も多く含んでいるのでおすすめです。

果物も水溶性食物繊維を多く含むと言われてはいるのですが、かなりの量を食べないと多く摂取することができないので効率が悪いです。

それから、更におすすめなのがオリゴ糖です。

オリゴ糖も水溶性食物繊維の一つで善玉菌の良質なエサになります。

普段使っている砂糖をオリゴ糖に置き換えるだけなので、上の食品を食べるよりも簡単に毎日摂取することができます。

あと、正直オリゴ糖のほうが美味しいです。

色んな商品がありますが、私はこれを使ってます。

これを入れてコーヒー飲むとしばらくしてめっちゃ便意をもよおします

スポンサーリンク

 

奥が深いぞ腸内環境

私は昔からお通じのいいほうなので(1日1回当たり前。2回の日も結構ある)あんまり腸内環境って意識してなかったんですけど、肌荒れとかのときに意識して乳酸菌やらビフィズス菌やらを取ってたら翌日には如実に改善されてたので、詳しいメカニズムとかはともかく最近は結構気にしてました。

こうして調べてみると腸内環境関係の話はめちゃくちゃ奥が深いです。

ということはそれだけ大事ってことなんでしょうね。

そのうち乳酸菌とかビフィズス菌でまた1記事書きたいと思います。