ガンダムはなぜ1機のみなのか?なぜ盾があんなに大きいのか?どうでもいい設定を考察してみた。

スポンサーリンク

f:id:shikamori_p:20171024222151j:plain

ガンダムのどうでもいい考察

ごきげんよう、バビです。

今日は機動戦士ガンダムの話です。

いわゆるファーストですね。

ガンダム好きじゃないと全くもってどうでもいい、よく分からない設定について考察してみました。

 

 

ガンダムは何故アムロの乗る1機のみなのか

まあ、主人公機ですからね。

2台も3台もあったら混乱します。

 

RX-78-1プロトガンダムは複数機存在する説がありますが、アムロの乗ったRX-78-2は何故か1機のみ。

そもそもRX-78-2も試験運用中の機体をシャアの突然の襲撃でアムロが乗ることになったわけです。

子どもの乗った機体にも関わらず

「連邦のMSは化け物か」

f:id:shikamori_p:20171024232123j:plain

とシャア少佐に言わしめるほどの性能を発揮できたのは一重に当時では考えられないガンダムの性能によるところです。

 

ジオンのMSの製造は、まず最初に汎用機を作ってからそれをエースパイロット用に改修するというスタイル。

物量で劣るコロニー国家のジオンが戦争で勝つためにMSという新兵器を1機でも多く拡大する前線に送る必要があったからです。

一方連邦のMS製造の考え方は全くの逆です。

まずジオンのMSを超える圧倒的な性能を持ったワン・オフ機体を製造して運用試験を行ってから、過剰な性能を削ってコスト・パフォーマンスを考慮した量産機を製造します。

 

RX-78-1は実戦を想定せずに「とりあえずMSを造ってみた」という機体なのではないかと思われます。

f:id:shikamori_p:20171024232246j:plain

ガンダムは最新鋭の教育型コンピュータが搭載された、コスト度外視のハイ・スペックなワン・オフ機ですので、実戦投入して万が一撃墜された場合、せっかく積み上げたその学習データが失われるという事態を最も避けたいはずです。

このため、実戦を想定したテスト機であるRX-78-2には、データを確実に持ち帰るためのコア・ブロック・システムを採用しました。

こうすることで、高コストの機体を複数製造する必要性がなくなったのではないかと考えられます。

 

盾をあれだけ大きくする必要はあるのか?

データを持ち帰ることを前提とすると、盾で機体を守るという考え方は納得できます。

また、そんな必要があるかどうかは別としても、単独での大気圏突入機能を持たせるためには盾で熱を遮断する必要があったのだろうと思います。

 

あとはガンダムの戦術運用の考え方から考察してみましょう。

ビームライフルは戦艦のメガ粒子砲のMS版です。

威力はメガ粒子砲と変わらず、敵MSを一撃で撃墜しますが、エネルギー源はライフル自体に搭載されているため15発程度しか打てません。

なので照準を確実に合わせて打つ必要があります。

盾に身を隠して照準を合わせて一撃でMSや戦艦を撃墜することを想定して、あれだけ大きな盾が必要だったのかもしれません。

 

また、ガンダムの運用試験を地球ではなく、あえてコロニーで行っていたことと、主兵装がビームライフルであることから考えるに、ガンダムは主戦場を宇宙と想定していたのではないかと考えられます。

ビーム兵器は地球では大気での減衰率が高く、非効率的だからです。

宇宙での戦場となるとソロモンかア・バオア・クー

盾に身を隠しながら大規模な拠点へ進攻するため、というのも考えられます。

実際、ジムのシールドもガンダム同様かなり大きいですが、陸戦型ガンダム、ジムのシールドは小さめです。

f:id:shikamori_p:20171024235716j:plain

 

こうして考えてみると、RX-78-2ガンダムアムロが上げた戦果は、想定を遥かに超えるものだったと思われます。

「ぶっ壊れたらぶっ壊れたでコア・ファイターのデータが帰ってくればいいや」

程度の考えだった試験機がジオンのエース級をぼかすかやっつてくれたわけですから。

しかも正規兵でも何でもない子どもたちの運用で。

そりゃあ伝説になりますよ。