Enigma(エニグマ)/ENG【100倍以上を狙う、おすすめ草コイン】

スポンサーリンク

f:id:shikamori_p:20180110221051p:plain

f:id:shikamori_p:20180110223001p:plain

ごきげんようバビです。
今回は私が注目しているコイン「Enigma(ENG)」を紹介します。

 

 

Enigmaってどんな仮想通貨? 

 

エニグマは、あのMIT(マサチューセッツ工科大学の卒業生と研究者のチームによって作成されました。

エニグマで特筆すべきはブロック・チェーンを応用した、その高度な暗号技術です。

ユーザーが記録・計算して欲しいデータを送ると、データが分割され「単一では意味をなさないかけらの集まり」に暗号化されます。

暗号化されたまま計算され、ユーザに結果が返されるため、もしこれをハッキングしようとすると、分散されたすべてのデータを解析して再構成する必要があるため、プライバシーを完全に保つことができます。

 

注目の「Catalyst(カタリスト)」

現在、エニグマが手掛けているのが「Catalyst(カタリスト)」というプラットフォームです。

カタリストは、一言で言うと、「暗号通貨のデータベースをブロックチェーン上に作って、そのデータを基に金融市場の専門家が暗号通貨のヘッジファンドを作ることができるプラットフォーム」です。

仮想通貨市場の情報はネットワーク上にバラバラに散在していて、投資戦略を練ることが難しくなっています。

カタリストを使用すると、この散在する情報を分散管理して、投資戦略の構築やシミュレートが簡単にでき、また、主要な取引所で戦略をすぐに実行することもできます。

もちろん、金融市場の専門家だけでなく、一般の個人投資家でも利用が可能です。

現在、「カタリスト」はすでにα版がリリースされていて使うことができます。
EnigmaCatalyst α版https://www.enigma.co/catalyst#/login

ビットコイン/ドルなど、いくつかの仮想通貨で、対ドルのバックテスト(作成した投資戦略を過去の値動きに当てはめてどのくらいの収益が出るかテストしてみること)を行うことができます。

仮想通貨市場が成熟して、仮想通貨投資が今のFXのようになれば、それだけこのカタリストのようなプラットフォームが必要になってくると思います。

 

カタリストのトークンが「ENG」

エニグマトークンであるENGはどのように使うかというと、以下の2つの場面が想定されています。

  • データを利用するユーザーがデータの提供者へ報酬を支払う際にENGを使用する。
  • ネットワーク上でヘッジファンドを作成した金融市場のプロに対して、一般の投資家たちがENGを使って投資する。

 

つまり、仮想通貨投資市場が大きくなれば大きくなるほどENGの需要は増え、その価値も上がっていくことになります。

 

ENGの将来性 

エニグマは、トークンセールの際には2時間で50億円を集め、その注目度の高さがうかがえます。

「仮想通貨の金融市場分析」という未着手の分野の最先端をいく、カタリストが完成すれば、上述のようにENGの需要はどんどん増していくと思われます。

エニグマは現在は仮想通貨投資向けのカタリストに力を注いでいますが、 注目すべきは高度な暗号技術です。

この暗号技術は、特にプライバシーの保護を重視する医療業界から注目されています。

そのほか、個人認証技術への応用など、幅広い分野への活用が期待できます。

身近な技術ではないのであまり注目されていませんが、今のENGはまだまだ過少評価されていると思います。

f:id:shikamori_p:20180105024925p:plain

正直、「MIT主導」ってだけでなんか凄いと思ってます。

 

ENGが買える取引所は?

ENGはBINANCE(バイナンス)で購入可能です。

f:id:shikamori_p:20180110235339p:plain

BINANCEへは直接入金はできないので、国内取引所からビットコインを送金します。

国内取引所に口座をお持ちでない方は、まずはコチラ↓から国内取引所で口座を開設しましょう。

まだ間に合う!初心者でも簡単にはじめられる「ビットコインの買い方」①口座開設編