MENU

《2018年1月26日》更に一段の下げ!XRP・BTCの値動きをチャート分析してみた

スポンサーリンク

f:id:shikamori_p:20180127014607p:plain

f:id:shikamori_p:20180120022039p:plain

ごきげんよう、バビです。
予想通り仮想通貨市場が停滞しつつ若干の下げです。1週間たったのでもう一度チャートを確認してみます。

 

 

過去のチャート予想記事

前回の予想

希望的観測で書いた前回の記事ですが、こうなったら嫌だなーというところが当たってしまいました。

 

今回の大暴落とチャート分析の基礎

いわゆる「January Dip」と呼ばれる今回の暴落についてと、チャート分析の基礎について解説しています。

 

リップル/XRPのチャート

一目均衡表とMACD

f:id:shikamori_p:20180127020144p:plain

一目均衡表は残念ながら壁のように立ちはだかる雲に沿うことなく、前進して突き抜けてしまいました。

緩やかにデッドクロスです。

更に左側で緑の遅行スパンもデッドクロスしています。

ここ数日の1XRP=138~150円前後の価格はたぶん、過去の上昇時の高値138円と、心理的節目で、最高値401円からフィボナッチ比での計算(401×38.2%=153.182)だったのかなと思われますが、そこも下抜けてしまいました。

次の節目は過去上昇時の高値で心理的節目の100円前後でしょうか。

 

MACDの2本のラインの乖離も小さくなってきて、マイナス圏に入っています。

いい感じに下降していますが、まだもう少し下げたところでゴールデンクロスしてくれると嬉しいんですが・・・。

 

移動平均線でサポートラインを探る

f:id:shikamori_p:20180127022745p:plain

色々ひいてみたんですが、最終的に90日移動平均線に落ち着きました。

これ以上下がるようだと次は200日移動平均線が待ってますが、そうなると60円前後まで下がることになります。

 

 

BTC/ビットコインのチャート

仮想通貨市場全体を確認するtめにビットコインについても見てみます。

一目均衡表とMACD

f:id:shikamori_p:20180127023950p:plain

まだ雲の下を徐々に下降中です。

遅行スパンが雲を下抜けてしまいそうです。

というかたぶん下抜けます。

そうなると更に一段の下げです。

 

MACDの2本のラインが近づいてきていてクロスしそうですが、まあ、だましでしょう。

ちょっと上がってまだじわじわ下がっていくと思われます。

 

移動平均線でサポートラインを探る

f:id:shikamori_p:20180127024837p:plain

青いラインが150日移動平均線です。

白い直線は過去の安値を結んだ線です。

今のところこのあたりをサポートラインとして、実は全体としては右肩上がりの状況です。

この白いサポートラインを下回るのは本当にやばそうですが、さすがにそこまでは下げないと思われます。

 

今後の展開と今すべきこと

ナンピン買いをするよりは、どこまで下げるのかをじっくりと見極めて、上昇トレンド入りを確認してから買い増すというスタンスでいいんじゃないかと思います。

過去4年のJanuary Dipを見ると春から夏にかけて12月の高値以上に上がり出す傾向にあるので、下がったとしてもまた戻ってくるとは思います。

f:id:shikamori_p:20180121191032p:plain

今は奥歯を噛みしめながらぐっと堪えましょう。

その間に有望そうな草コインを探して細かくホールドしておけば、仮想通貨市場全体がまた上昇トレンド入りしたときにどれかはイナゴ高になって儲かりそうです。