MENU

LISK(リスク)/LSKって何なん?【ざっくり説明するアルトコイン】

スポンサーリンク

f:id:shikamori_p:20180129010755p:plain

f:id:shikamori_p:20180129015015p:plain

ごきげんようバビです。
今回は「Lisk」の紹介なんですが、リスクというと「危険」を思い出しますが、危険という意味のリスクは「Risk」なんだそうです。

 

 

Lisk(リスク)とは?

 

公式サイト:https://lisk.io/

 

Liskは、 イーサリアムNEMと同じく、プラットフォーム系の仮想通貨です。

ビットコインリップルは「決済系」と呼ばれたりします。)

ブロックチェーン技術を用いて分散型アプリケーション(DApps)を作成するための土台となるのが、プラットフォーム系仮想通貨の特徴です。

 

Lsikは、簡単にDAppsを作成できるようにすることを目的に開発されました。

同じ分散型アプリケーションプラットフォームであるイーサリアムとよく比較されます。

イーサリアム同様、スマートコントラクトブロックチェーン上で契約プログラムを実行し、取引時に契約を自動化する仕組み)も実装されています。

 

Lsikプラットフォーム上で利用されるトークンが「LSK」です。

LSKにはビットコインなどのように発行上限はありません。

 

Liskの特徴

DPoS

ビットコインでマイニング(採掘)と呼ばれるブロックチェーンの承認は、Liskでは「フォージング(鋳造)」と呼ばれています。

その承認システムは、DPoS(Delegated Proof on Stake)という仕組みです。

DPoSでは、取引の承認を行う代表者をLSKの保有者の投票で決定します。

承認者は順番に承認を行っていき、承認者には取引手数料に加え、新規に発行される仮想通貨(LISK)が報酬として与えられます。

プログラミング言語Javascriptを使用

Liskでは、スマートコントラクトの記述言語にwebなどでよく使用されるメジャーな言語であるJavascriptが使用されています。

 イーサリアムが独自言語を使用していることを考えると、開発に参入しやすいというメリットとなります。

サイドチェーンを使用

LiskはDAppsの基盤にサイドチェーンを使用しています。

サイドチェーンとは、複数のブロックチェーンの間で仮想通貨のやり取りを行い、様々な機能を実装しようとする技術・プロジェクトのことです。

メインのブロックチェーンに取引データ(スマートコントラクト)を書き込むのではなく、DAppsごとにブロックチェーン(メインからみたサイドチェーン)を用意して、そこに取引データを記述します。

インチェーンに書かれるのは、サイドチェーンへのリンクというようなイメージです。

イーサリアムでは、メインチェーンへすべてが記載されるため、処理に時間がかかってしまうという欠点があります。

複数のブロックチェーンで別々に処理を行うことで処理能力・性能が向上することになります。

また、DAppsに問題が起きても、メインチェーンには影響がないため、サイドチェーンを修復するだけで修正することが可能です。

イーサリアムでは、DAppsの一つがハッキングを受けた際に、メインブロックチェーンを過去の状態に戻す処理が行われたことがあります。)

承認システムのカスタマイズが可能

LiskのDApps上のブロックチェーンの承認システムは、DApps開発者が自由にカスタマイズすることができます。

承認者の人数を減らしたり、ビットコインの承認システムであるクPoW(proof of work)や、その代替となるPoS(Proof of Stake)への変更なども可能です。

 

Liskの将来性(2018年こそ買うべき!)

LiskはイーサリアムNEMをはじめとする、拡張性の高いDAppsプラットフォームであるため、同様の仮想通貨が多数存在しますので、イーサリアムよりも優れた点も多いですが、競合する仮想通貨がたくさんあり、競争の中で淘汰されていくということもないとは言えません。

なので5年後10年後がどうなっているかは分かりませんが、2018年は、Liskにとってかなり良い年になりそうです。

Liskは、2018年に特に価格上昇につながる多数のイベントを控えています。

2018年こそ、Liskを買うべきです!

2018年2月のリブランディング

ブランディングとは、ロゴや名称、公式サイトの刷新などによってブランドイメージを向上させることです。

過去にはDarkCoinがDASHへ、AntsharesがNEOへ名称を変えたことで高騰した例があります。

Microsoft社とのパートナーシップ

 マイクロソフトクラウドサービス「Azure」のシステムにはLiskが採用されおり、先述のリブランディング戦略顧客名簿にもマイクロソフト社の名前が記載されています。

2018年4月にSDK配布

SDKとは、ユーザーがLisk上で稼動するアプリケーションを自由に開発するための開発ツールを指します。

開発ツールを配布するということは、いよいよ本格始動するということです。

2018年秋のブロック報酬減少

リスクは発行上限が設定されていませんが、インフレを防ぐ仕組みとして、フォージングによる報酬を定期的に減少させています。

追加発行数が減少するということは、1枚あたりの価値が上がるということなので、2018年秋にかけて価格が上がる可能性が高いです。

f:id:shikamori_p:20180130001821p:plain

時価総額の安さも価格上昇余地の証拠として挙げられることもありますが、これについては一概には言えないと思います。

LSKが買える取引所は?

国内取引所だと、bitFlyer(ビットフライヤー)で購入可能です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

海外取引所でのおすすめはBINANCE(バイナンス)です。

f:id:shikamori_p:20180110235339p:plain

BINANCEへは直接入金はできないので、国内取引所からビットコインを送金します。

国内取引所に口座をお持ちでない方は、まずはコチラ↓から国内取引所で口座を開設しましょう。

まだ間に合う!初心者でも簡単にはじめられる「ビットコインの買い方」①口座開設編