MENU

《2018年2月10日》上昇トレンドへ転換か?XRPの値動きをチャート分析してみた

スポンサーリンク

f:id:shikamori_p:20180211020439p:plain

f:id:shikamori_p:20180211021211p:plain

ごきげんよう、バビです。
リップルが前日比50%以上の上昇です!これは上昇トレンドが始まったんでしょうか?
チャート分析してみました。

 

 

過去のチャート予想記事

前回の予想

サポートラインは90日移動平均線であってほしかったのですが、嫌なほうの予想の200日移動平均線まで下がってしまいました。

 

今回の大暴落とチャート分析の基礎

いわゆる「January Dip」と呼ばれる今回の暴落についてと、チャート分析の基礎について解説しています。

 

サポートラインと移動平均線

f:id:shikamori_p:20180211023927p:plain

赤:5日移動平均線

黄:10日移動平均線

緑:20日移動平均線

青:200日移動平均線

白:下降トレンドの高値を結んだサポートライン

下降トレンド終了か?

白いサポートラインは過去にも破られることがありましたが、いつも横に抜けていました。

今回は右上方に抜けているので以前よりは下降トレンド終了の可能性が高そうです。

移動平均線ゴールデンクロスなるか?!

最近のサポートラインは青の200日移動平均線あたりですが、ここで反発してきて少し勢いづいた感じがします。

売りをある程度吐き出して、買いのエネルギーがたまってきたのかもしれません。

右肩下がりだった5日、10日、25日移動平均線も向きを変えつつあります。

注目は5日移動平均線が右肩上がりになって、10日移動平均線を上抜けようとしている点です。

このゴールデンクロスが達成されるようなら上昇トレンド入りがかなり期待されます!

 

MACDストキャスティクス

f:id:shikamori_p:20180211031118p:plain

みなさんあまり好きではないオシレーター系の指標も確認してみましょう。

上がMACDで下がストキャスティクスです。

 

MACDがマイナス20くらいのところでゴールデンクロスしています! 

MACDのクロスはどこでクロスしたかが非常に重要なんですが、マイナス圏でのゴールデンクロスは初夢の一富士二鷹三茄子くらい良い兆しです!

それよりも少し前に、売られすぎ/買われすぎの指標であるストキャスティクスも-20%あたりでゴールデンクロスしています。

ストキャスティクスは騙しも多いのですが、MACDでもゴールデンクロスしているので、今回は信ぴょう性も高そうです。

 

バビの愛する一目均衡表

1日足チャートはまだまだ

f:id:shikamori_p:20180211032550p:plain

最後にまだ早いとは思いつつ、一目均衡表を見てみましょう。

右上の分厚すぎる雲が気になりますが、とりあえず目立ったサインは見られません。

f:id:shikamori_p:20180211033334p:plain

本来の一目均衡表のすごさは、分かりやすいクロスではなくて、時間的なトレンド転換点なんんかも見つけられる点にあるのですが、バビはそこまで使いこなせていません・・・。

右の丸のところで赤い線を青い線が上抜けて、さらに左の丸のところの緑の線がローソク足を上抜けたら、トレンド転換のサインです。

その後、ローソク足が雲を上抜けるようならやっと、本格的な上昇トレンド入り認定してもいいんじゃないかと思うので、まだ少し先は長そうです。

4時間足チャートは雲を上抜け!

f:id:shikamori_p:20180211034719p:plain

これはかなりの吉報です!

4時間足では、最高値からずっと雲の下をはいずっていたローソク足がついに雲を上抜けました!

4時間足では上昇トレンドへ転換の明確なサインが出ています!

これが1日足での上昇トレンドへつながるからはまだ分かりませんが、これはもう下降トレンドは終わったと言ってはいいんじゃないでしょうか。

 

結局上昇トレンドへ転換したのか? 

結論から言うと、まだ分かりません。 

最新のローソク足も上ひげが長いので、まだ売り圧力は残っていそうです。

反面、これは上昇したいという意志の表れても言えます。

移動平均線MACDのクロスもしたばかりなので、まだこれが騙しでないとも言えません。

とはいえ、売りのエネルギはーはかなり吐き出されて、上昇のための買いエネルギーがだいぶたまってきているようです。

屈伸して飛び上がるのを待っているイメージですね。

ちょっと先走って伸びあがっちゃったのが2月20日のチャートの上ひげでしょう。

一目均衡表の4時間足が雲を上抜けたのもかなり良いサインです。

上昇トレンドへの完全な転換はそう遠くなさそうです。