MENU

たぶん日本一詳しいAurora DAO(オーロラ)/AURAの解説【100倍以上を狙う、おすすめ草コイン】

スポンサーリンク

f:id:shikamori_p:20180213221922p:plain

f:id:shikamori_p:20180213223457p:plain

ごきげんよう、バビです。
今回は分散型取引所「IDEX」を開発した「AURORA」をご紹介します。

 

 

 Aurora DAO(オーロラ)とは?

 

公式サイト:https://auroradao.com/

 

公式サイトを見ると最初に目に入ってくるのが「AURORA」の文字。

f:id:shikamori_p:20180213224316p:plain

「DAO」は一体どこに? 

DAOは、「Decentralized Autonomous Organization」の略で、日本語では一般的に自律分散型組織と呼ばれています。

管理者などの特定の主体がおらず、いかなるルールや制御下にも置かれず、意思決定や意思決定に至るためのプロセス、実行、組織全体のガバナンスや紛争解決は人ではなく、プロトコルがあらかじめ定めたルールに従って執行することをDAOといいます。

「AURORA」はこのDAOである、ということです。

 

「AURORA」は、イーサリアムベースの分散型取引所や分散型銀行などの金融ネットワークを構成するDAppsとプロトコルの集合体です。

AURORAが目指すのは、国や身分にかかわらず、世界中の誰もがどこからでも利用できる高度でオープンで安定した金融ネットワークを構築することです。

すでに使用可能な分散型取引所(IDEX)や分散型銀行(金融資産)(Decentralized Capital)が提供されています。

トークンは「AURA」ですが、AURORA自体はDAppsとプロトコルの集合体なので、実際はその一部である、「SnowGlobe」の運用に利用されます。

 

AURORAの特徴

分散型取引所「IDEX

f:id:shikamori_p:20180214001033p:plain

https://idex.market/

分散型取引所は、英語では「decentralized exchange」となり、一般的に「DEX」と呼ばれています。

要するに特定の中央管理者のいない、ブロックチェーンプラットフォームを用いて分散管理された取引所のことです。

有名なところでは「Ether Delta」や「Openledger」があります。

ウォレットから直接取引ができるので、中央集権型のこれまでの取引所とは違って、取引所にまずお金を入金する必要がありません。

おそらく将来的にはこうしたDEXが主流になっていくと思われます。

IDEXは、AURORAネットワークの中のひとつです。

IDEXが他のDEXと違うのは、分散型のイーサリアムのスマートコントラクトを利用しながらも、オフチェーンの取引エンジンであるという点です。

イーサリアムのスマートコントラクトによってブロックチェーン上で資金、取引許可、最終決済を処理しますが、取引行為そのものは取引所だけが行う権限を持っていて、ブロックチェーン外(オフチェーン)で行われます。

このため、ユーザーはトランザクションを待つことなく取引を行うことができます。

要するにIDEXは、ブロックチェーンのセキュリティと中央集権型取引所のスピードを併せ持っていて、他のDEXよりもサックサクのスピードで取引が可能ということです。

しかも取引手数料も安い!

SnowGlobe

SnowGlobeは、AURORAシステムを支える中核となる、高性能なEVM(Ethereum Virtual Machine)互換の分散型サイドチェーン交換のプロトコルです。

メインはあくまでもイーサリアムで、これに補助的に色んなブロックチェーン(サイドチェーン)をつけてネットワークを形成してアプリなんかを動かす、というのがAURORAの仕組みです。

簡単にいうとSnowGlobeはこのとき、イーサリアムとサイドチェーンを取り持つ役目を担います。

SnowwGlobeもブロックチェーンに基づくので、AURAというトークンを報酬として、承認処理を行います。

分散型銀行(金融資産)「Decentralized Capital」

f:id:shikamori_p:20180214010609p:plain

https://www.decentralizedcapital.com/

「Decentralized Capital(DC)」は、まったく新しいタイプの銀行です。

一見ウォレットと何が違うのか?と疑問に思うのですが、DCの場合は、100万円を預け入れると、DC内で仮想通貨の形で保管されていたとしても、「100万円」の預金なので、引き出すときに100万円分のBTCとして引き出したりすることができます。

仮想通貨での買い物の際も、通貨自体の価格変動を気にせずに買い物が可能になります。

為替リスクが回避できる、ということです。

為替リスクの回避によって、ビジネスが一気にボーダレス化することも予想されます。

将来的には普通の銀行と同じように貸付も行います。

IDEXの発売後約1年後から限定的に小規模な貸付を行う予定です。

Boreals

AURORAネットーワーク全体で使用される予定の仮想通貨が、「Boreal(BRL)」です。

Borealは、Ethereumブロックチェーン上に構築され、AURORAの基本通貨です。

2018年現在、まだ売り出されてはいませんが、IDEXにおいてBRL建てで売買を行う場合には手数料を割引することで需要を生み出し、価格安定性を持たせます。

BinanceのBNBのようなものですね。

Borealの取引量が増えたらこれをもとに2018年10月頃からDC貸付を開始する予定です。

 

AURORAの将来性

実際使用されている方の評判を聞くと、IDEXは取引速度も速く、操作性も良く、でかなり使い勝手がいいようです。

将来的には取引所のメインはDEXになっていくのは必至なのですが、ここでもスケーラビリティの問題で取引がリアルタイムではないという問題があります。

そんな中、一部をオフチェーン化して高速化に成功しているIDEXが頭一つ抜きに出ているのはないかと思います。

Decentralized Capitalにしても、金融ネットワークの分散化から分散化された銀行が登場するのも必然の流れです。

たぶんDCと同じような銀行は今後いくつも現れることになるでしょう。

そうなると、先駆けてこれらのブロックチェーン金融ネットワークをいち早く構築しようとしているAURORAが大きなシェアを占めるのもまた当然ですから、AURORAの将来性も有望なのではないでしょうか。

 

AURAが買える取引所は?

AURAは今のところIDEXでしか購入できません。

f:id:shikamori_p:20180214001033p:plain

https://idex.market/

登録方法なんかは▼こちらのサイト様が詳しいです。 

https://bio-cryptocurrency.blogspot.jp/2018/01/idex-aurora.html

国内取引所に口座をお持ちでない方は、まずは国内取引所に登録して、そこからIDEXイーサリアムを送金します。

口座開設の方法については▼こちらをご覧ください。

target="_blank"まだ間に合う!初心者でも簡単にはじめられる「ビットコインの買い方」①口座開設編