アラサー男から観た、ドラマ「コウノドリ2(2017)」 第7話感想

スポンサーリンク

第7話「母になる人生 母にならない人生 何が違うの?」 

f:id:shikamori_p:20171120224345p:plain

ごきげんよう、バビです。

今回はついに小松さん主役の回です 。

子宮全摘出、私は女性ではないですけど、なんかこう、色んなことを考えさせられました。

大人は泣いちゃいますよね、これ。 

 

【私の感想は実況的に書いていますので、よろしければドラマを観ながら、または観終わった直後にご覧いただければと思います。】

 

あらすじ

突然、倒れた小松(吉田羊)。
心配するサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)に、心配かけまいと努めて明るく「子宮筋腫があることはわかっていたけど、忙しくて検査に行けないでいた」と言う。
しかし、詳しい検査を行うと、子宮線筋症と卵巣チョコレート嚢胞だということが判明。すでに症状が悪く、ガンになる可能性もあるため、子宮の全摘を薦めるのが本人の為だとサクラたちは考え、本人に伝える。
小松自身も全摘した方が良いとは分かっているが、踏み切れずにいた─。

そんな小松を支えるペルソナの仲間たち。
仲間が見守る中で、小松が出した結論は─

 典:金曜ドラマ『コウノドリ』|TBSテレビ

  

感想

いきなりお姫様抱っこって!

鴻鳥先生がそうするのを最初から分かっていたかのように無言でそれを先導する四宮先生。

もう言葉を交わす必要がないくらい仲良しじゃないですか。

どんどん親密になっていくな、この2人。

 

f:id:shikamori_p:20171124230506p:plain

小松さんがMRIで子宮腺筋症だったことが分かり、心配する2人。

この3人すごい仲良しですよね。

【子宮腺筋症】:子宮に発生した子宮内膜症。子宮筋層が厚くなる。

【卵巣チョコレート嚢胞】:卵巣に発生した子宮内膜症。卵巣に血液がかたまり大きくなる。

 

「私から子宮がなくなっても世界が平和ならそれでいいか!」

明るくされると逆に悲しくなります。

鴻鳥先生も微妙な顔するしかありません。

 

f:id:shikamori_p:20171124231254p:plain

産科じゃなくなったけどちゃんと今週も出番がある下屋先生。

役立たず感ヤバイですね。

心臓停止してからが勝負みたいなところがあって、もう生死の基準がわけわからなくなりそう。

 

このタイミングで小松さんに弱音言って甘えてんじゃないよ!

救命行ったばっかりじゃんか。

 

今日は鴻鳥先生の頭パーマ強めです。

 

鴻鳥&四宮「俺たちの何を知ってるんですか。」

小松「まさか・・・」

って何?

2人付き合ってるの?的な意味?

まあ、この2人夫婦かってくらい交わす言葉が少ないのに分かり合っちゃってます。

 

白川先生めっちゃ調子乗ってるじゃんか。

もう絶対近々大失敗するフラグですね、これ。

そういえば彼、こういう人でした。

こいつ前回成長した感じだったのは、たまたまだったんですかね。

 

ものっっすごいおばさんのお茶会。

演技だと分かっていてもきっついですねー、この感じ。

自分が入ったカフェとかでこれやってたら、私、間違いなく眉をしかめてますね。

 

小松「お母さんになる人生と、お母さんにならない人生、何が違うのかな?」

今回のメインテーマです。

ほんと、何が違うんでしょうね。

きっとほんとは大差ないんですよ。

どっちかしか経験できないから、どっちかが良くてどっちかがダメだって決めたがりますけど。 

 

f:id:shikamori_p:20171124232900p:plain

子どものことで特別扱いされるのが嫌だとかめんどくさいなー。

全然関係ないですけど、倉崎先生役の松本若菜さんてお綺麗ですよね。

電王の頃から思ってたんですけど、もっと評価されていいんじゃないでしょうか。

これまでの経歴を考えると、コウノドリでレギュラー出演て、大抜擢です。

 

小松さん、助産師としてだけじゃなくて、仕事仲間として物凄い優秀じゃないですか。

周りに気使いすぎですけど、気を使ってるわけじゃなくて、自然とこうしちゃう人なんでしょうね。

キャラクタは原作のほうが好きですけど。

 

四宮「人前であの呼び方はやめてください。」

逆に言うと一人のときは「しのりん」て呼んでいいってことですよね?

もー、やっだー。

 

倉崎先生の代わりに子どものお向かえに行くという小松さん。

ほんとめっちゃいい人!

普通の職場ならこういう人に甘えまくって全然仕事しないやつとかいるんですけど、ペルソナにはいませんね。

そこはフファンタジーです。

 

倉崎「四宮先生・・・」

四宮「俺が前立ちしてやる。」

倉崎「はい。」

ここに小さなフラグを見出しているのは私だけでしょうか。

 

四宮「倉崎、ひとりで仕事も育児も完璧にやろうなんて思うなよ。見てるこっちが付かれる。」

え?何?プロポーズ?

またフラグが立ったような気がするのは私だけではないはずです。

 

この店でも弾いてたってことは、ベイビーの正体知ってるわけですね。

正体知ってる人、結構いますよね。

 

f:id:shikamori_p:20171124235343p:plain

いつも明るい人が涙するとかほんとやめて!

 

麻酔前の「ちょっと待って」で泣きました。

もー、無理無理。

眠って目が覚めたら自分の中の大事な何かがなくなるって、物凄く恐ろしいことです。

男で言うと玉がなくなってことですけど、見えてる分マシなのかもしれません。

ん?見えてる分ショックも大きいのかな?

 

無言でやきそばとジャムパンの交換。

鴻鳥先生と四宮先生めっちゃ仲良しじゃん。

このシーン、なんかいい。

からの、小松さんの病室にそっと置かれたカップ焼きそばとジャムパンね。

 

もう悲しいところ終わったと思ったのに、向井さんと2人で話すシーンでもまだ泣かすの?

もーやめてほしい。

今回一番泣かされた回でした。

 

なんだろう、無駄に明るい小松さんにほっとしてしまいます。

 

「看護師の仕事」とか、とんでもない天狗野郎の白川先生。

見かねた今橋先生の「調子に乗ってると足元すくわれるよ」というアドバイスなんですけど、こういう先人のアドバイスは往々にして若者には届かないものなんです。

あと、最後さらっと聞き流してたんですけど、今橋先生のこと、「イマダ先生」って言ってるように聞こえたんですけど、気のせいですかね? 

 

f:id:shikamori_p:20171125001324p:plain

うわ!四宮先生がベイビー聴きにきてる!

シリーズ初です!

四宮先生やめちゃうの?!

私の読んだ単行本20巻までにはなかったエピソードっぽいです。

まだ単行本化されてないエピソードなんでしょうか?

それともドラマオリジナル?

 

次回もめっちゃ楽しみです!

  

▼スポンサーリンク▼
コウノドリ前作(1期)も見放題です。

 

f:id:shikamori_p:20171116080747p:plain第6話   第8話f:id:shikamori_p:20171116082124p:plain